勝利を目指す安田記念予想

安田記念は春のマイル王決定戦という位置づけで多くのファンに知られているレースで、現在はおおむね6月の初旬に行われています。
安田記念は東京競馬場の芝の1600メートルで争われるため、予想の際には東京競馬場での過去の成績の良い馬に注目することがベターです。
また、1600メートルの距離適性があるかどうかの判断も必要です。
日本の競馬界に数多くいる競走馬は、それぞれ適した競馬場や適した距離があるものです。
従ってそういった部分に目をつけることが馬券で勝利するために必要なことだと言えます。
また、1600メートルという距離は、ゴール前の争いが非常にスリリングになりがちです。
しかもG1の舞台ともなればなおさらで、過去の安田記念でも数々の名勝負が生まれたものです。
従ってちょっとしたことが着順の違いになってあらわれてくるのです。
予想の際に重要なファクターとなるのが1600メートルの芝の持ちタイムです。
G1のマイル戦に出走して来る馬となれば、多くは1分32秒台前半の持ちタイムを持っています。
このくらいのタイムで走ることが可能なのかを最近のレースは調教から判断し、取捨して行くことも馬券検討では大事です。
また、予想の際に頭を悩ませるのが、この距離に出走した実績がないにもかかわらずそこそこの評価になっている馬です。
例えば主に1800メートルや2000メートルに出走してきた馬が距離を短縮してこの安田記念に出走してきたような場合です。
このようなパターンの場合、1800メートルや2000メートルの距離で2着や3着を繰り返しているので、距離を短縮して新味を引き出してもらいたいといった狙いがあったりもします。
こういった陣営関係者の声を競馬新聞などで読めば、読んだ側は好走する可能性を考えて馬券から外しにくくなります。
しかし1600メートルの距離に実績がないということは新味が引き出される可能性があると同時に、経験豊富な馬に叶わないといった可能性も多いにあるわけです。
従って、馬券検討の際はマイラー血統なのかも参考にするといいですし、これまでのレース内容をJRAのホームページの動画などで確認することがベターです。
混戦レースが好きな競馬ファンにとっては、安田記念は毎年予想のし甲斐のあるレースといえます。
切り口次第で何通りもの予想が考えられますので、競馬仲間で集まって話をしていても話題が尽きないレースであると言えます。

年の前半も終わりという6月にある安田記念。
ここの予想は是が非でも勝って、上半期の収支をプラスで折り返したいところです!
そこで安田記念の予想は高確率で的中させたいと考えています。
負けるわけにはいきません!1600mの展開をずばり読み切ります!